自動機では成形することのできない、人による、高付加価値ディッピング成形

LinkIconJapanese
LinkIconEnglish

〒349-1157 埼玉県加須市道目 524番地1
電話/0480-72-8101 FAX/0480-72-6855
LinkIconメールでのお問い合わせ

弊社成形可能樹脂と成形法
セイワ化成工業株式会社が行っている成形方法を材料別に紹介します。

PVC(塩ビ)

塩ビゾルコーティング (ディップコーティング)

縦:1000mm 横:1300mm 幅:600mm位までのコーティングが可能です。コーティングにより保護・防錆・絶縁等、広く利用されております。
又、脱塩ビ、フタル酸フリー、脱環境ホルモン対策等対応することができます。

塩ビゾル成形 (ディップモールディング)

軟質塩ビゾルを使用してディップ成形を主に行っております。又、独自技術によるコールドディップ(厚さ:0.1~0.5)薄膜成形及び、回転ディップ(特許)による蛇腹状成形物等、特色ある製品の作成が可能です。
薄膜成形は医療用バルーン等に、回転ディップ成形は原子力の自由運動の蛇腹として利用いただいております。脱環境ホルモン等対応いたします。

ラテックス

NRラテックス成形

NRラテックスを使用してデッィプ成形し、医療用バルーン、その他手袋等色々な物に成形することが可能です。引張強さ、伸び、引裂強さ等、非常に良いゴムですが、人によってタンパクアレルギーを引き起こすことがあります。また紫外線に弱いという弱点があります。

CRラテックス成形

CRラテックスは耐候性に非常に優れ、紫外線に強く自動車部品等、屋外使用目的などに使用されております。但し、塩素を含むため使用後の処理がしにくい面があります。

CRラテックス成形

IRラテックスはNRラテックスとほぼ同一の構造式を持っているため、性質は非常に近いですが、合成によって作られる為、タンパク質を含まずアレルギーに関与しません。医療用としてはバルーン、麻酔用マスク・バッグ等に使用されます。NRに比べて、引裂強さで劣る所がありますが、一般的な使用に問題ありません。

NBRラテックス成形

NBRラテックスは、耐油、耐候性等に優れ工業部品、耐油手袋等に広く使用されています。NRに比べて、IR同様引張、引裂等で劣りますが使用方法などにより問題ないものも多いです。
現在、当社ではNBRラテックスによる製品はありませんが、十分対応いたします。

その他

シリコン成形

一液と二液のものがありますが、塩ビゾルのように成形ができます。耐熱性に特に優れ、耐熱を必要とする所の部品や、麻酔用のバッグ等でもオートクレーブによる処理が可能ということで使用されつつあります。但し、高価な為、普及にはまだ問題があります。

アクリルゾル成形

脱塩ビゾルとして開発されたもので、塩ビと同条件が加工できますが、価格が塩ビゾルの3倍程度になるため、現在あまり普及していません。
但し、これからの時代の企業イメージとして、脱塩ビ、環境ホルモン対策等、人や環境に配慮した取り組みが求められていると弊社は考えています。